日本の祭りフェスティバル♪

ベルギーについて

知っている人もいると思うが、9月17日に日本の祭りフェスティバルって言うのがストッケルのノートルダム教会であった。

日本の良さを紹介しよう、という目的で中でたい焼きやタコ焼き、お好み焼きが実演販売されて、書道のコーナーや折り紙、生け花、お茶などの日本文化の紹介のコーナーがあって、現地に人たちも自分で書道を体験したり、折り紙を折ったりできる。

主催しているのは、古くからベルギーに住んでらっしゃる方たちで、今回のイベントは昔、日本人学校でやっていたマロニエ祭の小型版みたいな感じだ。

マロニエ祭は日本人学校が主催のイベントで、日本文化の紹介やら日本食、雑誌、雑貨の販売をやっている大規模な日本文化紹介の学園祭、みたいな感じで、ベルギー在籍の日本企業の寄付という潤沢な資金と学校に行っている先生や子供たちの親御さんという強力なマンパワーで、提供されるお料理も美味しいし、雑貨類も手が込んでいて素敵だし、日本のお野菜を作っている農家の方の新鮮なお野菜、日本の本も安価で購入できるし、子供たちの遊び場も充実していて、抽選の商品も豪華で、本当に楽しいイベントだった。

私の所は娘ちゃん達は二人とも日本人学校に行ってなかったんだけれど笑、(100%日本人なんだけどね)彼女たちが小さい頃は誰でもマロニエ祭に参加できたので、よく行って遊んだ。二人ともマロニエ祭、大好きだった。
いつの頃だったか、マロニエ祭は日本人学校の人に限られてしまったので、行けなくなってしまい、情報も来ないのでいつやっているのかよくわからなくなってしまった。まあ、娘ちゃん達も大きくなったので、熱量も昔ほどではなくなり、今はまだやっているのかどうかもよくわからない・・・

その素敵なマロニエ祭程豪華ではないが、とても家族的なイベントだった。
それでも結構人がいて、小さなホールは人で溢れかえっているくらいの感じだ。

実は、そこで空手の演武をさせて頂いた。大人、子供合わせて12名くらいの部隊で演武をした。
子供たちはほぼぶっつけ本番だけれど笑、上級者の人達はこの日のために型を合わせて練習をして仕上げてきていた。
生徒さんながら大したものだと思う。
こういうイベントもたまにはモチベアップのためにいいかも。

私たちの空手クラブの生徒さんの一人に、フランス人なんだけれどとても日本が好きでめちゃ物事が丁寧でマメな人がいる。
花見を企画してくれたり、新年会を開いてくれた、あの彼だ。

私たちが無精者なので笑、彼がいてくれるお陰でいろんな事がスムーズに運ぶありがたい人だ。多分どこのクラブにもそういう人材がいるのではないか?

その彼が夏休みの間も何度か合わせ練習ができるように練習場をアレンジしてくれ、今回のイベントもフェイスブックから細かく情報を入手し、グーグル翻訳などでわかるようにして、こまめに逐次みんなに情報を共有してくれていた。もう頭が下がる思いだ。

当日も待ち合わせ場所やら時間、メトロで来る人達にはストッケル駅何時、みたいな細やかな心遣いの丁寧なメールが何度も届き、おおーすごいな、って思ってた。

その当日。午前中、個人的な所用でバタバタしていて、ふと気が付いたら携帯に数件の着信メールが・・・

電話してみると、あのこまめな彼だ。
どうやら、ドアにポールにぶつかって頭から血が噴き出したそうだ。それで、今日の空手の演武には出れそうにない、本当にすまない・・と電話の向こうで半分泣きそうになりながら、謝っていた。

いやいや、全然出れなくてもいいんだけれど、怪我、大丈夫??

数分後、頭から血を出している写真まで届き(まめ~、いや写真いらんって笑)現状は理解した。

彼は何でも準備万端にしたい几帳面な人なので、(空手着もいつもピチッとアイロンがかかっている!)自分が出られなくなる事により企画している私たちに迷惑が掛かる事をめちゃ心配しているのだ。

侮ってはいけない!私たちは無精者だし、企画そのものがおおざっぱだ笑。(自慢か?)
子供たちも「来る!」って言ってても連絡もなく来ない子なんてザラだ。いちいち杓子定規なプランを立てていては上手くいかない事は長いベルギー生活の経験上心得ている。臨機応変は得意中の得意や笑。安心して!

私たちの心配は全然いらないけれど、せっかくいろいろ準備してくれて、がんばってくれてたので可哀そうだし、こっちが申し訳ないくらいだ。

当日の演武は、みんな頑張ってくれていい感じでできたと思う。
主催者の方も「空手の良さが伝わってきた」と言ってくれていたので、まず成功かな☺

いや本当、そういう不運な人っているもんやなー。
今回はごめんね!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

ブリュッセルからボンジュール - にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました